地雷原再生支援 -地雷除去後の土地活用に向けて-

一部、データが発表されている地雷埋設国の汚染面積をリストします。
比較に用いている東京ドームの面積は0.465km2です。

地雷埋設国 汚染面積リスト
国名推定汚染面積(km2)東京ドーム何個分?
アフガニスタン2104,520
アンゴラ1052,260
ボスニア・ヘルツェゴビナ1,11323,940
カンボジア89019,140
コロンビア46990
クロアチア3557,630
エチオピア1,05622,710
イラク1,20625,940
ソマリア721,550
タイ3607,740
トルコ1573,380
イエメン3236,950
出典)Landmine Monitor 2019

土地は、あらゆる産業の基盤となるものですが、地雷埋設国においては、広大な土地が地雷のために活用できない状況にあります。次の世代のため、捨て置かれている土地を甦らせ、有効活用することが求められています。

地雷原に地雷がある限り、地域住民も事業者も、そこから収益を得ることはできません。一見ネガティブな状況ですが、「地雷原には土地をめぐる利権が存在しない」とも捉えることができます。地雷埋設後、何年、何十年と放置されてしまった土地から、地雷を除去することさえできれば、そこに、まっさらな土地が生まれます。これを積極的に活用することは、地域住民及び事業者に、全く新しい収益をもたらすことにつながります。

過去に、日本政府、JMAS、ツムラが連携してラオスの不発弾除去を行い、安全化された土地を農地として活用した事例があります。

株式会社ツムラの提案によるラオスでの官民連携案件の概要(外務省 国際協力局)

当社は、地雷除去ロボットDMRの配備を通じて構築した相手国政府機関等との連携体制をもとに、地雷除去後の土地活用可能性を調査し、事業者への情報提供など、行っていきたいと考えています。

広大な地雷原(カンボジア・バッタンバン周辺)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です