地雷問題とは?

紛争終了後、地雷が残置され、土地の安全が確保されない。
土地に還った人たちが、残置された地雷を踏んで受傷する。
地雷があるために、土地を活用することができずにいる。
それが、地雷問題です。

 地雷は、シンプルな構造であることもあり、数十年経っても劣化せず、機能を保ち続けます。本来、紛争終了後、地雷を埋設した当事者が地雷を撤去し、土地を安全化することが求められます。しかし現実には、「どこにいくつ地雷を埋めたか、記録がない。埋めた人間も、どこにいるのかわからない」という状況が往々にして生じます。また埋められたままの地雷は、降雨による河川の氾濫、土砂崩れなどにより、当初埋められた場所から大きく移動することがあります。結果、広範な地域に地雷除去活動の対象が広がり、莫大な時間、手間、コストを要することになります。

世界の地雷被害者数

2014年……3,678人

2015年……6,461人

2016年……8,605人

2017年……7,239人

2018年……6,897人

近年、おおよそ6千人~8千人で推移しています。

国別の被害者数

  • 2017年
    アフガニスタン  2,300人
    シリア      1,906人
    ウクライナ     429人
    イラク       304人
    パキスタン     291人
    ナイジェリア    235人
    ミャンマー     202人
    リビア       184人
    イエメン      160人
  • 2018年
    アフガニスタン  2,234人
    シリア      1,465人
    イエメン      596人
    ミャンマー     430人
    ウクライナ     325人
    マリ        303人
    イラク       204人
    コロンビア     171人
    ナイジェリア    147人

    アフガニスタン、シリアでは、非常に多くの犠牲者が出ています。
    地雷原に立ち入らないよう、土地の方々に注意を促す活動が非常に重要になります。

    出典) Landmine monitor 2018, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です